歌舞伎町Barでの社員生活 › ホームページデザインHiroki Sakamoto
SITE EIGHT
ツイッターアイコン フェイスブックアイコン 農デザブログ
  1. Home
  2. Blog
  3. 歌舞伎町Barでの社員生活

Blog

2021-03-14

歌舞伎町Barでの社員生活

ブログ写真

前回のブログからの続きになります。

歌舞伎町のBarで社員になった後はかなり奮闘しました。
そこでお店の売り上げだったり、FL比率だったりを意識し始めて勉強しました。

それと同時に社員になって出勤率が上がるということは、さらに初対面の方とお話する機会が増えるということ。
ますます人見知りも克服していき、新しくアルバイトとして入ってきた子の指導などもしました。

この時期の経験は今となってはかなり有難い経験になりました。

歌舞伎町でBarと言えばTHE水商売で男女関係とか色々ありそうだと思われる方も
多いと思いますがまあ、、、想像通りです笑

お店が開いていたのは夕方からだったのですが、しばらく社員として働いていると別店舗で日中にカフェ形態のお店を店長としてやってみないかと持ちかけられます。
この時の私はなんでこんなに後先考えないんだろうと思うのですが(今もそうかも・・・)
売り上げが上がれば給料アップという言葉につられて二つ返事でOKします。

ここから朝10時出勤→14時までカフェでの勤務と次の日の為の買い出し→休憩→17時から22時までBar出勤
これを見てお気付きになりますでしょうか。

ドラムの練習している時間なんて無い!!

完全にアホでした笑
ましてや22時なんてBarが一番賑わう時間帯。アルバイトならまだしも社員ですから定時で即行帰るなんていうこともできず、家に帰ったら大体24時です(^^

そしてこんなことしてたらカシスオレンジ一杯で酔っ払うやつなのでもう練習なんてする気も起きないほど酔っ払ってます^^;

こんな生活をしていると気持ちの面でもかなり色々焦り始めますが、もう色々解決しないといけない問題がありすぎて
何からどうしていけばいいのか分からずに結局動けないというまたまた負のスパイラルゾーンに突入です。

カフェの方では店長業務でお店の在庫管理、アルバイトのシフト、売り上げ管理
Barの方では社員業務とお店での接客
自分の音楽、バンド活動

カフェ開店前は福岡の方まで見本にするお店の視察にいったり、お店のホームページだったりメニューだったり
散々考えて作ったお店でしたが、結局カフェの方は売り上げが上げられず閉店させてしまいました。

その時期に運がいいのか悪いのか、少量持っていた暗号通貨が跳ね上がります。
跳ね上がったといっても今から考えればそれでも安く、購入当初が1bit=9万円代でそこから30万ぐらいあがりました。
投資の「と」の字も分かっていない僕はここがピークだ! と息巻いて即行で売ります笑

その資金でバイナリーにお金を入れて勝った分は暗号通貨の追加購入という感じで回していましたが
やはりそう簡単にはいかず。その時にバイナリーでやっていた手法が「マーチンゲール手法」という方法で例えば、的中した場合のペイアウト率は1.9倍で1000円入れて負けたら2200円。
また負けたら4600円。また負けたら12000円と最終的に的中すれば最初の1000入れて勝った時の900円前後が
利益になる。そしてまたそれを繰り返すというものでした。

口座に入れていた金額が30万だったらこの手法だと7回目までに勝てばこれまでの負けはなかったことになるという計算です。
7回連続で負けることなんてあるの?よっぽど運悪くない?と言われるかもしれませんが
FXでは普通にあります。結局為替の値段を左右しているのは企業だったり個人だったりなので
確率論ではありません。今では普通にあると言い切れますが当時はそれを信じたくなかったというかなんというか・・

そんなことばかりしていて、一時期1週間で100万稼いだりもしていた時期もありました。

この荒稼ぎのせいで気が大きくなり、Barの勤務を半社員のような形で週3日の勤務にしてもらいました。
ここで時間ができた僕はドラムの練習もしつつもバイナリーにのめり込みます。


続きはまた次回に書いていこうと思います!

ここまで振り返りながら書いていて人生ってこんなに失敗するものなんだろうかと思うほど
色々失敗だらけですね^^;

でもそれがあったから今こうしてゼロ、むしろマイナスから色々頑張っていると考えれば
失敗はたくさん経験した方がいいのかもしれないと、自分に対して慰めの言葉をかけておきたいと思います^^;


読んで頂きありがとうございました!